インフォメーション」カテゴリーアーカイブ

2019 オマハカダバーキャンプ 歯周外科・インプラント編【募集中】

ノートン教授による歯周外科・インラプント治療のための臨床解剖学

本コースは世界7カ国語に翻訳され、世界的ベストセラーであるネッター頭頸部・口腔顎顔の臨床解剖学アトラス(医歯薬出版)の著者であるノートン教授が直接指導する、インプラント解剖学の世界では最も権威のある米国クレイトン大学による、カダバー口腔顎顔解剖学実習です。インプラント治療で特に重要になるのが、顎顔面解剖を正しく理解する事です。正常の解剖を理解してこそ、そうでない状況を見極める事が出来る。それがこのコースの主旨です。

今回も米国クレイトン大学の全面的なサポートにより、クレイトン大学教授陣及びノートン教授による講義(CTの読像、臨床解剖学)やカダバー実習が集中的に3日間で効率的に行われます。インプラント治療の経験が豊かな先生から初心者の先生までどのレベルの先生にとっても、安心安全なインプラント治療を行うために重要な頭頸部解剖学とCT読像の勉強が3日間でできるコースとなっています。

主なスケジュールとしては、1日目、3日目は座学を中心とした基礎解剖学と放射線学の復習で、2日目は献体を用いた解剖学実習です。ともすると無味乾燥な解剖学ですが、1日目で頭の中がすっきり整頓されていますので、2日目の実習は本当に実践的なものになります。

解剖学はどんな歯科医師にとっても最も重要な習得分野にも関わらず、日本ではおそらく卒後研修の中では最も中途半端に扱われている分野だと思います。クレイトン大学における献体実習はインプラント実習のみならず歯科臨床に特化した実践的解剖学なので、歯周インプラント専門医のみならず、GPにとっても翌日から臨床現場で導入できる講義、実習内容だと言えます。皆さん是非奮ってご参加下さい。お待ちしております。

コース内容、お申し込み書

Download (PDF, 389KB)

2020 ベーシックコース【募集中】

コース内容

GP、歯科衛生士が押さえておくべき歯周病学とインプラント学のベーシックコース

同プログラムは元AAP会長のDr.Michael K.McGuireが1979年に設立した予防、歯周療法学、インプラント、歯科衛生に重点を置くPeriodontal Health Professionals(PHP)の日本コースです。
このコースの特筆すべき点は世界標準の歯周病学、インプラント分野の教育を行うのみでなく、Dr.Bo Krasseが提唱する「メディカルトリートメントモデル」と呼ばれる医療モデルを実臨床に導入する為のプログラムでもあります。一般的に手技に重きを置いたコースとは一線を画し、参加される歯科医院があるべき歯科医療の姿を実現するための一助になるものと確信しています。
コース修了時にはAAP国際会員資格、PHIJ修了証明書、受講修了者はDr.McGuireの直接行うHoustonコースへの参加資格が与えられます。

コース内容、お申し込み書

交通宿泊手配について

交通宿泊手配について、 名鉄観光サービス株式会社にご依頼することも可能です。
ご希望の方は直接下記のご連絡先までお問い合わせ下さい。

名鉄観光サービス株式会社 銀座支店
〒104-0061
東京都中央区銀座7-8-2 銀座御幸ビル8階
TEL : 03-3572-0511 FAX : 03-3571-7447
担当:渡辺 尚子/清田 浩之
メールアドレス:sat@mwt.co.jp
PHIJ交通手配申込書:申し込み依頼書ダウンロード(Excel)

日本国際歯科大会2018 PHIJセッションのご案内

ご挨拶

謹啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
おかげさまで本年をもちましてPerio Health Institute Japan (PHIJ) は創立11年目を迎えることができました。この度、Quintessence 出版との連携のもと、PHIJが注目するこれからのアジア太平洋地区の歯科医療革新を牽引するであろうと思われる若手の臨床家を、Dr.McGuire、Dr.Scheyer、Dr.Tsukiyamaと共に選抜させて頂き、講演をして頂く機会を国際歯科学会にて持たせて頂きました。

PHIJは、臨床のテクニックを提示するだけの教育機関ではなく、歯科医師としてとらえなければならない科学に立脚した価値の創造の考え方、つまり“Outside In”ではなく“Inside Out”の原理に基づくGPと専門医の連帯を基本理念とし、“Comprehensive Care”いわゆる “Whole Body Health”の理念を推進する教育機関です。
今回はそうした理念のもと、世界的に活躍するDr.Fukuda、Dr.Hayashi、Dr.Min、Dr.Maruo、Dr.Tsujiの5人の若手の臨床家に登壇して頂き、歯周治療の原理原則について講演をして頂きます。全国、そして海外からもたくさんの皆様のお越しをお待ち申し上げます。

謹言

PHIJファウンダー 宮本貴成

講師陣

挨拶:宮本貴成
座長:築山鉄平
演者:林千絵、福田幹久、辻翔太、丸尾勝一郎、閔成弘

講師プロフィール






講演スケジュール

13:30~13:50 宮本先生/築山先生
ご挨拶
13:50~14:30 林先生
歯周病のエティオロジー
14:30~15:10 福田先生
歯周治療が可能にするこれからの歯科医療の可能性~ペリオドントロジーと健康創造~
15:10~15:50 辻先生
歯周治療のroad mapとその実際
15:50~16:30 丸尾先生
歯周病患者へのインプラント治療戦略
16:30~17:10 閔先生
歯肉退縮治療で失敗しない診断力と治療選択
17:10~17:30 質疑応答

ペリオドントロジーの世界トレンド(PHIJセッション)

日時 2018年10月5日(金)13:30~17:30
会場 パシフィコ横浜Eホール(会議センター5階 511+512)
募集人数 120名

※1)お申込みはPHIJ事務局phij@fukuoka-tdc.comにご連絡下さい。
※2)PHIJを通じて日本国際歯科大会に参加される先生は参加費が割引されます。
 詳しくはPHIJ事務局phij@fukuoka-tdc.comにお尋ね下さい。

会場案内図

パシフィコ横浜Eホール(会議センター5階 511+512)

2018 オマハ カダバーキャンプ PAOO編【終了】

ノートン教授によるPAOO(加速矯正)のための臨床解剖学実習

予知性の高いPeriodontally Accelerated Osteogenic Orthodontics(PAOO:加速矯正)には欠かせない口腔顎顔面の臨床解剖学及びCT読像を3日間でマスターするコースです。

本コースは世界7ヶ国語に翻訳され、世界的ベストセラーであるネッター頭頸部・口腔顎顔の臨床解剖学アトラス(医歯薬出版)の著書であるノートン教授が直接指導する、インプラント解剖学の世界では最も権威のある米国クレイトン大学による、カダバー口腔顎顔解剖学実習です。
米国クレイトン大学の全面的なサポートにより、クレイトン大学教授陣及びノートン教授による講義(CTの読像、臨床解剖学)やカダバー実習が集中的に3日間で効率的に行なわれます。PAOOの経験が豊かな先生から初心者の先生までどのレベルの先生にとっても、予知性の高いPAOO関連外科処置を行なうために重要な頭頸部解剖学とCT読像の勉強が3日間でできるコースです。

コース内容、お申し込み書

ボストン大学からウェルカムレターが届きました

↑クリックでPDFが開きます。

翻訳

親愛なるPHIJのメンバーの皆さんへ

ボストン大学歯学部 (GSDM)を代表して、皆さんが私たちの学校を訪問してくださり、そして2017年9月9日土曜日の研修プログラムに出席してくださることに感謝を申し上げたいと思います。ご存知のようにGSDMはデジタル歯科学に完全移行をした国内で最初の歯学部です。カリキュラムにデジタル歯科学を取り込み実践し、患者さんへ提供するオーラルヘルスケアを基に、GSDMは歯学部学生、ファカルティー、スタッフそして患者さんへ最新のテクノロジーを提供することにコミットして参りました。コミュニティーで開業医の先生方にその活用を手助けしています。

今回の訪問の中で、以下のアクティビティーを計画しています:

  • GSDMの建物内そしてクリニックのツアーを行います
  • 歯学部学生クリニック、一般歯科診療リーダーの臨床助教授(Clinical Assistant Professor)菊地先生からの講義
  • 補綴学講座ディレクターの平山先生からの講義

コース終了時には受講生に訪問し出席したことを記したサーティフィケートが授与されます。もし他にリクエストがありましたら、喜んでカリキュラムに組み込みたいと思います。他にご質問がある場合には遠慮なくご連絡をいただけたらと思います。皆様にお会いできることを楽しみにしております。

敬具

ボストン大学歯学部
卒後研修、ディレクター Gurjinder Gill

2019 ベーシックコース【キャンセル待ち】

コース内容

GP、歯科衛生士が押さえておくべき歯周病学とインプラント学のベーシックコース

同プログラムは元AAP会長のDr.Michael K.McGuireが1979年に設立した予防、歯周療法学、インプラント、歯科衛生に重点を置くPeriodontal Health Professionals(PHP)の日本コースです。
このコースの特筆すべき点は世界標準の歯周病学、インプラント分野の教育を行うのみでなく、Dr.Bo Krasseが提唱する「メディカルトリートメントモデル」と呼ばれる医療モデルを実臨床に導入する為のプログラムでもあります。一般的に手技に重きを置いたコースとは一線を画し、参加される歯科医院があるべき歯科医療の姿を実現するための一助になるものと確信しています。
コース修了時にはAAP国際会員資格、PHIJ修了証明書、受講修了者はDr.McGuireの直接行うHoustonコースへの参加資格が与えられます。

コース内容、お申し込み書

コース内容、お申し込み書

交通宿泊手配について

交通宿泊手配について、 名鉄観光サービス株式会社にご依頼することも可能です。
ご希望の方は直接下記のご連絡先までお問い合わせ下さい。

名鉄観光サービス株式会社 銀座支店
〒104-0061
東京都中央区銀座7-8-2 銀座御幸ビル8階
TEL : 03-3572-0511 FAX : 03-3571-7447
担当:渡辺 尚子/清田 浩之
メールアドレス:sat@mwt.co.jp
PHIJ交通手配申込書:申し込み依頼書ダウンロード(Excel)

2017 米国歯周病学会ボストン研修【終了】

本研修は、歯科先進国アメリカで年に1回開催される米国歯周病学会(AAP)に参加し、今後の日本における歯科医療の価値と真の患者利益を向上させるためにはどうすれがいいかを考えて頂く機会になれば、という想いからPHIJ講師陣が中心となり企画致しました。

PHIJはDr. McGuireと熊谷崇先生の友好関係に基づき世界標準の歯周病学カリキュラムを日本国内での教育機会を実現することを目標に2008年より研修を積み重ね、2014年から日本でPHIJベーシックコースを開催する運びとなり、多くの方々の新たな学びの場となっています。

昨年のAAP研修@サンディエゴでは、科学的根拠(エビデンス)に裏打ちされた歯周病学の過去から現在への潮流、将来展望などを一流の臨床家から学ぶ貴重な機会になり改めて自分たちが行なっている日常臨床を再評価する非常に価値のある研修になったと思います。昨年のレポートと感想文をぜひご覧ください。

>米国歯周病学会サンディエゴ研修

今回はPHIJディレクターの宮本貴成、築山鉄平が歯周病専門医のトレーニングを修了したボストンでの開催ということもあり、昨年以上に充実した特別研修会となっています。

特別研修1日目は、築山鉄平の母校タフツ大学歯学部での1日研修です。アメリカにおける歯学部教育、専門医教育が行われている環境、そのカリキュラムを、タフツ大学歯学部副学長を中心にした教授陣によって講義、案内していただく予定です。

特別研修2日目は、宮本貴成のボストン大学時代の上司で、Forsyth(フォーサイス)研究所 歯周病学の権威 Dr. Thomas Van Dykeに「炎症、歯周炎と全身疾患」と題して、歯周病を炎症という切り口からその本質を展望していただきます。

SocranskyやHaffajeeらのバイオフィルム研究で世界的にも有名なフォーサイス研究所ですが、彼らの亡き後そのレガシーを継承したのは当時ボストン大学歯周病科教授のDr.Thamas Van Dykeでした。歯周炎が単なるbacterial infectionという考え方から、inflammation(炎症)を引き起こす宿主にフォーカスがシフトしてきていることがよくわかります。

現段階ではまだ調整中ですが、特別研修3日目に半日のボストン大学の見学、レクチャーなども含むことも検討しています。

また米国歯周病学会元会長 Dr. Michael McGuireの特別なはからいにより、学会参加に加えて、私達の為だけの特別講演会、懇親会も企画しております。

この教育機会が皆さんにとって素晴らしい経験になることを願ってやみません。

PHIJ共同ディレクター 築山 鉄平、宮本 貴成

2014年 PHIJ 活動報告
2012年 PHIJ 海外研修活動報告
2010年 PHIJ 海外研修活動報告

Dr. McGuireからのご挨拶

2017年1月25日

Perio Health Institute Japan (PHIJ)とオーラルフィジシャン同窓生の皆様へ

親愛なる同僚の皆様へ

2017年9月9日〜12日に米国マサチューセッツ州ボストンで開催される第103回米国歯周病学会年次大会に皆さんを招待できることを喜ばしく思います。

私、シャイヤー先生、築山鉄平先生、宮本貴成先生を含むPerio Health Institute Japan講師一同は、PHIJ, オーラルフィジシャン同窓生の皆様にとって世界中から招かれたワールドクラススピーカーによる一連の講演を通じて、素晴らしい教育機会を作り出すための特別なアレンジメントを用意しています。さらに、同窓生の皆様のためだけに、グループディナー、レセプションパーティ、学会前後の教育講演を含む、数々の特別な“楽しい”イベントも用意しています。

第103回米国歯周病学会へ皆様の参加を招待できることを誇りに、そして名誉に思います。このプログラムを通じて、皆さんのプロフェッショナルな人生を豊かにする何かを見つけることができると確信しています。また同窓生の皆さんと再会し特別な時間を共有することも楽しい時間となると信じています。

敬具

Dr. Michael McGuire (マイケル マグワイア)
PHIJ ファウンダー、ディレクター

1
2017boston01

タフツ大学からの招待レター

2017boston02

2017年1月25日
親愛なるPHIJスタディクラブメンバーの皆さんへ

タフツ大学歯学部を代表して私たちの学校を訪問することに興味を持っていただき感謝を申し上げます。皆さんもご存知の通りタフツ大学は1868年に設立され、アメリカ合衆国において最も早い時期に創立された歯学部の1つです。今年、私たちは150周年記念を祝福する予定で、私たちの祝いの年の9月7日にPHIJをお迎えすることを喜ばしく思います。

皆様の訪問中に以下のスピーカーとアクティビティーを予定しています。

  • タフツ大学歯学部の建物やクリニックの案内ツアー
  • 補綴post-graduate programの技工指導教官Mr. Yukio Kudaraと補綴技工室の訪問
  • 国際交流部副主任 Dr. Noshir Mehtaからの講義(顎関節症、咬合、睡眠時無呼吸症、その他)
  • 学術部副主任 Dr. Nadeem Karimbuxからの講義(タフツ大学歯学部の教育カリキュラム、歯周病学の現在最も注目を集めているトピックなど)

また1日を通じて朝食、ランチ、コーヒーブレイクを提供いたします。研修の最後にタフツ大学訪問の記録としてCertificateを授与させていただきます。

他にリクエストがありましたら、喜んで調整をさせていただきますので、質問などがありましたら気兼ねなくご連絡をいただければと存じます。
皆様と共に一緒に研修をできることを楽しみにしています。

敬具

サミュエル ルース
継続教育・マーケティング・コミュニケーションオフィス ディレクター
タフツ大学歯学部

2017boston03

フォーサイス研究所 Dr. Thomas Van Dykeからのご案内

2017boston04

2017年1月31日
親愛なるPHIJスタディクラブのみなさんへ

フォーサイス研究所を代表して、フォーサイスの訪問と9月8日午後のContinuing Educationプログラムに出席していただくことに興味を持っていただき感謝の意を表したいと思います。ご存知の通りフォーサイスは1910年に、子供のためのフォーサイス歯科診療所として設立されました。ボストンの子供達にケアを提供してきた長い歴史を持ち、より近年では、口腔健康問題に対して貢献する、世界をリードする研究施設です。

みなさんの滞在中に、以下のアクティビティが計画されています。

  • AM10:30に集合して研究所や診療所を含む施設建物のツアー
  • 築山先生と宮本先生の案内で、フォーサイス施設側のレストランで11:30amからランチ
  • 1:00pmからDr. Van Dykeによるcontinuing education講義をはじめます。
  • 1日の最後に、グループ参加者に対して訪問の印として講義出席のサーティフィケートが授与される予定です。他に希望されるアクティビティがありましたら、可能な限り追加のプランを検討することも喜んで行います。もし質問がありましたらいつでもご連絡いただければと思います。9月8日に皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

    敬具

    Thomas E. Van Dyke, DDS, PhD
    Vice President and Senior Member of Staff
    Director, Center for Clinical and Translational Research

    2017boston05

    <講演トピック>
    炎症、歯周炎と全身疾患
    トーマス バンダイク
    フォーサイス研究所

    最近の研究によると、口腔感染とくに歯周病と全身疾患の関係性が示唆されている。疫学研究では歯周病が心血管疾患、狭心症のリスクファクターとして示唆されていて、糖尿病の研究は治療されていない歯周病は糖尿病合併症を引き起こし、血糖値コントロールに直接的な影響をもたらします。近年では、口腔細菌バイオフィルムのディスバイオシスと関連する炎症疾患が歯周炎だということが明確になってきました。この明確さが、歯周病の病因論における歯周組織を破壊するのはバイオフィルムに反応する宿主反応だということを示唆しています。炎症の伝わる経路に対する理解が成熟するにつれて、薬理学的な抗炎症作用から明らかになっている炎症の緩解の分子基礎により理解が現れるようになってきました。

    炎症の緩解は活発なものです。受容体アゴニストは、炎症誘発経路の阻害ではなく、組織の恒常性をオーケストラのような調和で取り戻すことを司っています。リポキシンおよびリゾルビンと呼ばれる分解能の内在性脂質メディエーターの分離や特徴付けは、歯周炎および全身性炎症性疾患のマネージメントに対して新しい扉を開いています。このプレゼンテーションでは、歯周病の前後関係における炎症の解消と、骨再生における炎症およびその制御の役割について検討します。歯周病と炎症性全身性疾患、特に2型糖尿病との関連性を追求いたします。本講演では、骨再生に関する歯周治療の理論的根拠を提示し、全身健康への潜在的利益を探究する予定です。

    コースの目的

    このコースの受講者は、受講後に以下のことが理解、実践できる

    • 歯周炎における炎症と骨喪失の関係性の理解
    • 歯周組織再生の作用メカニズムを説明できるようになる;なぜ効果があるのか、それ以外の環境ではうまくいかないのか。
    • 歯周炎と全身疾患の関係性における生物学的基本の理解
    • 歯周炎/全身の相互作用のメカニズムに関するデータのディスカッション
    • 歯周炎や複雑な全身疾患を有する患者に対する宿主改変療法のポテンシャルに関するディスカッション

    Inflammation, Periodontitis and Systemic Disease
    Thomas E. Van Dyke, DDS, PhD
    Forsyth Institute

    Recent studies have suggested a relationship between oral infection, in particular periodontal disease, and systemic diseases.

    Epidemiologic studies have implicated periodontal disease as a risk factor for the development of cardiovascular disease and stroke, and studies in diabetics have revealed that untreated periodontal disease can lead to diabetic complications and have a direct impact on glycemic control. It has become clear in recent years that periodontitis is an inflammatory disease that is linked to dysbiosis of the oral microbial biofilm. This distinction implies that it is the host response to the biofilm that destroys the periodontium in the pathogenesis of the disease. As our understanding of pathways of inflammation has matured, a better understanding of the molecular basis of resolution of inflammation, which is distinct from pharmacologic anti-inflammation, has emerged. Resolution of inflammation is an active; receptor agonist mediated well-orchestrated return of tissue homeostasis, not inhibition of proinflammatory pathways. The isolation and characterization of endogenous lipid mediators of resolution, called lipoxins and resolvins, has open new doorways for the management of periodontitis and systemic inflammatory diseases. This presentation will review resolution of inflammation in the context of periodontal disease and the role of inflammation and its control in bone regeneration. The link between periodontal inflammation and inflammatory systemic diseases, particularly type 2 diabetes, will be explored. In this lecture, the rationale for periodontal medical approaches for bone regeneration will be presented and the potential benefits to systemic health will be explored.

    Course Objectives:

    Following attendance to this course, the participant should be able to:

    Understand the relationship between inflammation and bone loss in periodontitis.
    Explain the mechanism of action of periodontal regeneration; why it works and doesn’t work in different situations.
    Discuss potential modifications of treatment regimens for the patient with periodontitis to control inflammation.
    Understand the biologic basis of the relationship between periodontitis and systemic disease.
    Discuss the data relating to the mechanism of action of the periodontitis/systemic interaction.
    Discuss potential modifications of treatment for the patient with periodontitis and complicating systemic disease.

    ボストン大学の歯学教育と今後の歯科医療

    アメリカにおいて歯科医師はなりたい職業トップ3を堅持する人気職業の1つとして認知されていますが、歯学部中でもボストン大学の競争率は熾烈を極めます。2018年入学予定の歯学部学生220名に対して、願書申請者は5220名と倍率は23.72倍と非常に狭き門になっています。本研修ではそのボストン大学歯学部の見学を行い、ボストン大学歯学部で実際に教育を受け、現在歯学部学生教育現場でPractice LeaderとしてGP学生教育に従事されている菊地良太先生(ボストン大学サイトのプロフィール)にご自身の経験と実際の臨床現場を踏まえてご講演いただく予定です。

    またボストン大学歯学部補綴修復学のディレクターを務められる平山 洋先生(ボストン大学サイトのプロフィール)から今後の歯科医療の潮流を展望し「The Global Vision of Future Dentistry」としてご講演いただく予定になっています。

    セミナー内容

    日程:2017年9月6日(水)〜9月14日(木)
    定員:30名
    研修費用:240,000円(2000 USD)
    学会参加登録費:AAP会員 約84,480円(704 USD)、AAP非会員 約169,320円 (1411 USD)
    旅行代金:約390,000円

    • 上記ご旅行代金は参加人数が30名を想定しておりますので、若干の変更がでる可能性があります。燃油サーチャージの額が変更され、増額になった時は差額を申し受けます。減額になった場合は差額を払い戻します。また、空港税・燃油サーチャージに関しましても為替の変動によります。予めご了承下さい。
    • 一人部屋をご希望の場合は別途追加代金(134,000円)を頂戴しております。(研修への参加確定後、旅行会社から連絡がありますので旅行会社とご相談ください)

    旅行代金に含まれているもの

    • 往復の航空運賃(日本航空直行便利用/エコノミークラス利用)
    • 送迎バス代金(ボストン空港⇔宿泊ホテル 往復)
    • 宿泊料金(2名様1室利用)学会場側の利用予定
    • 朝食7回分
    • 日本の空港施設使用料、米国空港諸税、燃油サーチャージ(2017年2月1日現在)
    • 添乗員経費1名分

    ■お申し込み
    >お申し込みフォームへ

    • ご申し込みを頂き次第、研修費用(240,000円/名)お振込のご案内をさせていただきます。
    • お振り込み手数料はご負担いただくようお願いします
    • お振り込み後のご返金はいたしません
    • お申し込みから2週間以内にご入金頂くようお願いします
    • 研修費用のお振込を持って参加確定とさせていただきます。仮に参加人数が規定の人数に満たなかった場合は、一人当たりのコストが増えますので、その点ご理解いただけましたら幸いです。

    ■お問いあわせ先

    お申し込み、旅行について:
     名鉄観光 担当者連絡先 (平日:09:00~18:00 土・日・祝日休み)
     〒104-0061 東京都中央区銀座7-8-2 銀座御幸ビル
     TEL : 03-3572-0511 FAX : 03-3571-7447
     E-mail : hiroyuki.kiyota@mwt.co.jp
     担当者: 清田 浩之
    研修内容について:
     PHIJ 事務局(phij@fukuoka-tdc.com

新年のごあいさつ

小川 恵DH

今回メディカルトリートメントにのっとったリスクに基づくメインテナンスのあり方と、メインテナンスの自費化についてお話させていただくことになりました、つきやま歯科医院歯科衛生士の小川です。メインテナンスの自費化は、5年前MTMを導入した時と同じくらい覚悟のいることだったように思います。しかし、MTMにしてもメインテナンスの自費化にしても、それ自体が目的ではなく、真の健康利益を患者さんに提供するために必要な通過点であることを忘れてはなりません。

私のセッションではメインテナンスの自費化に向けてどのような準備をしてきたか、患者さんへどのようなインフォメーションをしたかを始めとし、それに対する実際の患者さんの反応やメインテナンス件数がどのように推移したかなどをお話ししたいと考えております。

メインテナンス担当患者数やアポイント状況を自身で把握することもプロフェッショナルとして大切な仕事の一つですし、中心になってインフォメーションを行うのも、実際にメインテナンスを行うのも歯科衛生士です。メインテナンスを自費化して、まだ日が浅いのですが、今できる精一杯のことをお話ししたいと考えておりますため、できるだけ多くの歯科衛生士のみなさんに参加していただければ幸いです。

築山鉄平先生

新年あけましておめでとうございます。昨年中は並々ならぬご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。本年も昨年同様、ご指導の程よろしくお願いいたします。

早いものでPHIJが2007年海外研修として産声をあげてから今年で早10年が経過致しました。2013年にPHIJベーシックコースの主宰を熊谷先生、宮本先生からご依頼いただき3年間精一杯多くの先生方や歯科衛生士の皆様に少しでも利益になるようにという気持ちで取り組んでまいりましたが、今後は同窓の歯科医院の皆様とより連携を強めてともに切磋琢磨できればと思っております。

特にPHIJ歯科医院同士の症例発表会なども計画して、同じ志を持つ歯科医師や歯科衛生士のレベルアップにつながれば幸いです。2017年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。さて来る4月8、9日にPHIJ10周年記念講演会が開催されることは皆様ご存知のことかと思いますが、ぜひ皆様のカレンダーにマークをつけていただきたいと存じます。

初日、午前中は熊谷崇先生から「これまでの歩みとこれからの歯科医療」を20-30年先を見据えて未来志向の歯科医療を展望していただき、そのキーパーソンとなる歯科衛生士を代表して小川恵(つきやま歯科医院)が登壇する予定です。

午後から、Dr. Scheyerにデジタルワークフローや再生因子を用いた歯周再生医療を中心に歯周病学とインプラント学の最新テクノロジーをお話しいただきます。クレイトン大学歯周病科主任教授の宮本貴成先生から「価値の創造におけるシナジーの意義と役割」としてチーム医療の未来像をお話しいただきます。そして初日最後に築山鉄平よりそれを具現化するために取り組んでいる歯科医院の戦略をお話しいただく予定です。

今回は企業特別展示で歯科関連会社以外では全日空(ANA)にもご参加いただきます。なんで全日空が企業展示に? !と思われる方もいらっしゃると思いますが、ぜひご参加して新しい空間ビジネスの形をご覧になっていただければと思います。

2日目、午前中は本大会のメインスピーカーDr. Michael McGuireから「一生涯のための歯:治療決定のためのリスクアセスメントと予後のインパクト」と題し、天然歯周組織保存の重要性はもちろん、それを実現するための科学的根拠に基づく治療計画、手技、材料選択、またインターディシプリナリーアプローチに関してご講演いただきます。2016年AAP年次大会のジェネラルセッションでの圧倒的な講演を彷彿とさせるような内容になっています。

午後は放射線専門医のDouglas Benn教授にご登壇いただきます。Prof. Bennはフロリダ大学歯学部の顎顔面放射線学の名誉教授で、現在はクレイトン大学の顎顔面放射線学の教授をつとめられています。Journal of International Association of Dental and Maxillofacial Radiologyの前編集長(Editor-In-Chief)で、現在はNIH(アメリカ国立衛生研究所)で顔面画像処理部門のレビューワーの要職に就いてらっしゃいます。GPと専門医連携における放射線専門医の役割をお話しいただく予定です。

クレイトン大学歯学部歯周病科主任教授の宮本貴成先生、つきやま歯科医院の築山鉄平先生から顎顔面領域CTスクリーニングを実際行っている実績と経験をもとにその価値と意義をお話しいただく予定です。

最後に本年度が皆様にとって実り豊かな幸深い年になりますよう心より祈念申し上げます。4月に皆様とお会いできるのを楽しみにしています。

.