ピエゾシジョン開発者 Dibart教授によるプライベートハンズオン【募集中】

矯正治療に外科処置を加えることにより矯正治療期間が劇的に短縮されるPAOOという手法がWilckoらによって1995年以降にもたらされました。外科的侵襲を加えて一過性の骨密度低下状態(RAP)を引き起こすメカニズムを介して歯牙移動が加速されます。その手法をイノベーティブに改変した術式がDibart教授が開発したピエゾシジョンという手法です。より低侵襲に、より短時間でPAOOと同等以上の効果が確認されている処置方法で、ピエゾシジョンは治療単体としてもその価値は素晴らしいものがありますが、それに加えて矯正分野にもパラダイムシフトを起こしうるものとして注目を集めています。
なぜならば矯正医の専門性は従来とても有利な専門領域でしたが、最近は様々なデジタルテクノロジーを駆使したアライナー矯正によって少しづつ侵害され始めており、矯正専門医にとって短期間で矯正治療を終了することができるピエゾシジョンという新しい武器は歯周治療と矯正治療の相乗的なコラボレーションとして歯科医院にとって強力なブランディングとマーケットの拡大にも繋がります。その人気ゆえ世界で最も招聘することが困難なスピーカーの一人と言われるDibart教授の日本で始めてのハンズオンセミナー。ぜひその千載一遇の機会を掴んでいただきたいと思います。

講師

Dibart教授

講師プロフィール

ボストン大学歯学部歯周科教授

Dr. Serge Dibart

会場

白水貿易株式会社 東京支店
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1丁目11 千代田小川町クロスタ12F

>>アクセス

日時

2020年9月19日(土) 9:00~16:00

スケジュール

09:00-12:00ピエゾシジョンの理論と実践
12:00-13:00昼食
13:00-16:00ピエゾシジョンハンズオンコース

定員

20名

参加費

200,000円(税別)

主催

PHIJ事務局

協賛

白水貿易株式会社

申込

お申込みは、こちらからお願いします。

お申込みはこちら